忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/20 02:05 |
金正男
金正男氏、マカオに現れる…金融制裁問題に関連か

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070131-00000101-yom-int




金正男


(キム・ジョンナム、1971年5月10日 - )
朝鮮民主主義人民共和国の金正日の長男。
母は成恵琳。
朝鮮語の他に、英語、日本語、フランス語、ロシア語を話すとされる。

モスクワ、ジュネーヴ(インターナショナルスクール)に留学歴があると言われている。

北朝鮮のコンピュータ委員会委員長。
光ファイバー情報ネットワーク「光明」の構築などを指導。

日本に何度か密入国している。
2001年5月1日にも、酷似した男が成田空港で入国管理局に拘束されるという事件が発生。
男は妻子を連れており、
ドミニカ共和国の偽造パスポートを使用して入国を図ったところを拘束。
その際、背中に虎の刺青が施されていることが判明。

5月3日に身柄拘束の事実が報道によって明らかとなったが、
外交問題に発展することを懸念した日本政府の判断により強制退去処分。
翌4日に中華人民共和国に向けて出国。
北京に移送される際の映像がテレビで何度も放映された。

この男について、日本及び北朝鮮政府いずれからも、本人かどうかの発表はない。
が、韓国政府筋は金正男本人であるとした。

この男は、「ディズニーランドに行きたかった」と弁明したが、
日本の情報収集や貿易代金の回収など、その目的については様々な情報が飛び交っている。

2002年12月には、パリ郊外のディズニーランドを訪れるためにフランス入国を申請。
しかしフランス政府は拒否。

2004年9月25日には、北京国際空港に現れ、居合わせた報道陣の問いに金正男本人だと認めた。
渡航理由は不明だが、付き人もなく一人で北京市内のホテルに滞在しているという。
また同年12月3日、本人と思われる人物が複数の日本の新聞社に年末年始の挨拶の電子メールを送った事が報じられた。
これが実際に本人からのものであるならば、先述の9月の北京国際空港での取材時に渡された名刺に書かれたメールアドレスを見て送ったのだろうと推測されている。

このメール騒動について、北朝鮮問題に詳しい恵谷治は偽者説を、
コリアレポートの辺真一は本物か周辺によるメール送信説を述べた。
評論家の河信基は「後継者から外され、焦っている」と背景を指摘した。
PR

2007/01/31 08:14 | Comments(0) | TrackBack(0) | か行のはてな!?

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<分岐器 | 今日のキーワードHOME | 詐欺>>
忍者ブログ[PR]